[Transistor]トランジスタの仲間


トランジスタの仲間には、次のようなものがあります。

バイポーラ・トランジスタ
ふつう単にトランジスタといえばこれを指します。 という3つの端子を持つ部品です。 また、NPN型とPNP型の2種類があります。
FET(電界効果トランジスタ)
最近よく使われています。
UJT(単接合トランジスタ),PUT(プログラマブルUJT)
おもしろい素子ですが、あまり使われません。
サイリスタ、トライアック
比較的強電系の部品ですので、趣味の範囲ではあまり使わないかも。
フォト・トランジスタ(フォト・ダイオード)
バイポーラ・トランジスタの、ベースの代わりに、 光でコレクタ・エミッタ間の導通を制御できるようにしたものです。
フォト・カプラ、フォトMOS-FET(フォトMOSリレー)
LEDとフォト・トランジスタをくっつけたものです。 電気的に絶縁するために用います。

機能

これらの部品の、主な働きとしては、 が挙げられます。
くわしくは、トランジスタの本を探して、それを見てください。

型番

トランジスタには、種類ごとに型番がついています。 型番が2SA、あるいは2SBで始まれば、PNP型、 2SC、あるいは2SDから始まれば、NPN型です。 また、FETの場合、Nチャネルのものは、2SKで始まり、 Pチャネルのものは、2SJで始まる型番を持ちます。 2SHで始まるのは、UJTです。 サイリスタは、Pゲートが2SF、Nゲートが2SG、 トライアックは2SMで始まります。 ベース(ゲート)が2つある、4端子トランジスタというものも あり、これは、最初の2が3になっています。 また、この規則に関係ない型番のトランジスタもあります。

トランジスタの形はいろいろとあり、 ピン配置も、見ただけではわかりません。 資料も無く、わからないときには、 CQ出版社から出版されている、 半導体規格表(20分冊)で調べるのが簡単です。 バイポーラ・トランジスタなら、 『トランジスタ規格表』、FETなら『FET規格表』、 UJTやサイリスタ、トライアックなら、『電力用素子規格表』 で、それぞれ調べることができます。 規格表では、もちろん、いろいろな特性についても調べられます。

メーカーによって、中身が同じでも、 型番が異なっていることがあるので、 目的のトランジスタが探しても無かったら、 規格表シリーズの『トランジスタ互換表』を見て、 互換品を調べてみるとよいでしょう。 トランジスタを売っている店なら、たいてい、頼めば調べてくれます。


ホビーエレクトロニクス・ベースページ | 木村光範ホームページ
ご意見ご感想など、何かございましたら、お気軽に 電子メールをください。

mkimura@trans-nt.com