スレッショルド(Threshold)電圧


ディジタル回路のHとLの境目の電圧は、Threshold電圧といいます。 これは、ディジタルICの入力がこの電圧以上の場合、そのICは「H」、 この電圧以下の場合、「L」と認識するということです。

TTLなら、約1V、 C-MOSなら、大体 VDD/2 くらい(VDDは電源電圧)、です。

ただ、同じ種類のICでも、この電圧には個体差があります。 ICのメーカーでは、この電圧以下だと絶対「L」という電圧と、 この電圧以上だと絶対「H」という電圧を公開しています。 ほとんどのものについて、 TTLなら、0.8Vと2.0V、C-MOSなら、VDD×1/3とVDD×2/3です。


ホビーエレクトロニクス・ベースページ | 木村光範ホームページ
ご意見ご感想など、何かございましたら、お気軽に 電子メールをください。

mkimura@trans-nt.com