ダイオード(Di)


ダイオードには、A(アノード)、とK(カソード)の 2つの端子があります。 図記号では、たてに線が入っているのがKで、 実際の部品でも、普通、Kのほうに印があります。

ダイオードには、実に様々な種類があり、 それぞれに違った用途がありますが、 ディジタル回路やディジタル回路とともに使われるような 簡単なアナログ回路では、 (LEDを除くと) ごく限られた数種類しか使いません。


機能

電流が、アノードからカソード(順方向)には流れますが、 逆方向には流れないという部品です。 順方向に電流が流れたときに光るダイオードもあります。これは LED(Light Emitting Diode) というもので、表示器に多用されています。

型番

ダイオードの多くのものは、1Sで始まる型番を持っています。 1Sのあとにもう1文字アルファベットがつくものは、それで、 どのような種類のダイオードかがわかるようになっているのですが、 それについては省略します。知っててもあまり使わないので。 詳しく知りたい方は、CQ出版社の、『ダイオード規格表』 で調べてみてください。
ホビーエレクトロニクス・ベースページ | 木村光範ホームページ
ご意見ご感想など、何かございましたら、お気軽に 電子メールをください。

mkimura@trans-nt.com