[Condenser]コンデンサ


コンデンサという部品は、キャパシタとも言うことがあります。 (キャパシタという名前は、理想的なモデルとしてのコンデンサ のことをそう呼ぶことが多いです。)

コンデンサは、電気を貯めます。どのくらい貯められるかを表すものが 静電容量(以下、略して「容量」)で、単位は、F(ファラド)です。
ただし、1Fといった大きな容量のものはあまり使いません。通常は、 pF(ピコ(=10の12乗分の1)ファラド)や μF(マイクロ(=10の6乗分の1)ファラド)の単位のものをよく用います。

また、コンデンサの電極間にかけることのできる最大電圧を定格電圧(耐電圧) といいます。これを守らないと、コンデンサがこわれます。

コンデンサには、容量、耐電圧、周波数特性 (両端にかける周波数をどの程度高くできるか)、 漏れ電流、内部抵抗、などなどによって 様々な種類がありますが、大きく分ければ、 電解コンデンサ 電気2重層コンデンサ 、そして、 それら以外のコンデンサ の、 3種類にだいたい分けられます。 はじめ2つには、極性があります。 (無極性のもの、無極性化については省略。)

用途によって使い分けないと、期待した動作をしなかったり、 値段が高くついてしまったり、大きくなったりしますので、 自分で回路を作る場合は、少し考えて選んだほうがよいでしょう。 まあ、高性能なアナログ回路以外では、そう迷うことも少ないと思います。

あと、コンデンサに共通していえることは、熱に弱いということです。 はんだづけでは注意しましょう。


ホビーエレクトロニクス・ベースページ | 木村光範ホームページ
ご意見ご感想など、何かございましたら、お気軽に 電子メールをください。

mkimura@trans-nt.com